地球に優しい、フランス生活

-pour la Terre, pour l’amour-

いい中古品は下手に新品を買う何百倍もいい!

実は苦手だった中古品

日本で古着や中古を取り扱うお店が沢山あるように、

パリも同様、セカンドハンドのお店を街中でチラホラ見かけます。

洋服屋さんの多いマレ地区は結構あります)

今やリサイクルショップといった実店舗のみならず、

アプリを使ってフリーマーケットのようにネットでも自由に売買ができるようにもなりました。

今では自ら利用するセカンドハンドですが、実はずっと苦手意識がありました。

理由は単純に”知らない人が使ったものを使うのが嫌だ”という理由です。

別にそう思うことは変なことでも何でもないのですが、

リサイクルに自分の物を出すことはあっても、自分が購入者になるまでには長い間かなり抵抗がありました。

いい中古品は下手に新品を買うよりいい

そんな私が初めて買った古着は、リーバイスジーンズでした。

おそらく大学に入ったばかりのころ。

下北沢のチェーンの古着屋で目立つ汚れがないか、

サイズ感は大丈夫かよ~く吟味して買った記憶があります。(古着はもちろん今はもう売られていない型が手に入るという点もあります。)

あれからあそらく5年近く経ちますが、今でも沢山着ています。

 

そして驚くことに、こんなに長く履いてるジーンズはこのジーンズが初めてでした。

というのも、昔の物ってとても品質がいいんです。

定期的に洗っても全然廃れない。

本当に買ってよかったと思いました。 

悪な大衆文化

以前家族でアウトレットショップに行ったとき、リーバイスで大セールをやっていて
ふらっと立ち寄った時、父親が「今のは昔と違うからね、昔のは長持ちしたけど今売られてるのはみんな全然質が良くない。とこぼしました。

昔を知っている本人が言うのだから、本当にそうなんだと思います。

昔の質の良いものは長持ちするから、

新しいものも買う必要が必然的になくなるんです。

そしてデザインもシンプルだけど、

洗礼されていて飽きが来ない。

 

皆さんがご存知の通り、いつからか

大量生産・質よりも安さをウリにする企業が増えました。

それ故に扇動された人々は大量消費をしていく...とっても悪循環だと思いませんか?

 潔癖症な人はもちろんセカンドハンドで物を購入することは難しいかも知れません。

でも自分のものをリサイクルショップに持っていくのは簡単ですよね。

 

まだ使えるものをごみとして出してしまうより、何百倍もマシだと思います。

(と言うより全てがWin-win!)

普通に買ったら高いものはセカンドハンドで探してみる

など簡単なことから始めてみると良いと思います。

誰かが飽きてまだ十分に使える状態で、使わなくなってしまって安く売られているかも知れません。

 本日セカンドハンドでゲットしたもの

旦那さんがプリンターが欲しいとぼやいていたので、

何気なくネットでプリンターを探していて、新品だとまあまあのお値段がするので

セカンドハンドで探そうと思ったら、20€で1年半型落ちのものを譲ってくれる方を見つけたので購入することにしました。

手渡しで受け取る約束をした時に、保証書まだお持ちであればつけてくださいとお伝えしたところ、

なかったので無償で譲りますと先方が提案してくださいました。(元値をチェックしたらなんと日本円で3万以上する!!)

 

f:id:ayuka_tim:20210513000133j:image

しっかり動いたし、なんてラッキー....😊

個人間のやり取りだと、こういうことがあったりするんですよね。

恥ずかしがりなのか全然立ち話もせず別れてしまったけど(おそらく駐在日本人の方)、

本当に有り難うございました💗